1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2016年8月号(No.781)

『新聞研究』目次 2016年8月号(No.781)

伊勢志摩サミットと新聞報道

世界の視点から成果検証を──重要な政治的舞台を生かせたか

高瀬 淳一(名古屋外国語大)

SNS時代のサミット報道──日経・FTは国際経済の問題をどう伝えたか

奥村 茂三郎(日経)

政権の意思決定過程を詳細に──「リーマン・ペーパー」検証で読者の関心に応える

須藤  孝(毎日東京)

地元の動きと思いを細大漏らさず──一人でも多くの県民を紙面に

後藤 厚三(中日)

県民に寄り添い「決まり文句」に対峙──米軍属事件と日米首脳会談

石川 達也(沖タイ)

注目されたか 原爆の「人間的悲惨」──オバマ広島訪問が残した希望と課題

江種 則貴(中国)

意義深かったオバマ広島訪問──米高官の心を動かした市民の歓迎

黒見 周平(読売)

厳しく制限された取材機会──報じる側からは「最悪のサミット」

船津  寛(産経東京)

欧米新聞社のニュース編集室づくり

記者端末が読者獲得の戦場に──「データの文化」が浸透する欧州新聞界

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

ニュース制作の過程を一変──米ワシントン・ポスト訪問記

津山 恵子(在米ジャーナリスト)


ニュースパークを全面リニューアル──情報社会の姿とジャーナリズムの役割を展示

新聞協会博物館事業部

在宅重障児家庭の姿を伝える意味──連載「音十愛11歳 奇跡の笑顔」取材で知る

掛水 雅彦(高知)

当事者に寄り添う報道──ALS患者の国会招致「拒否」問題を取材して

我那覇 圭(東京)

取材妨害に萎縮せず──開かれた地方議会実現へ

本田 光信(北日本)

連 載

〔ザ・ショット〕 阻まれたヘイトデモ──群衆の熱量を写し出す

田崎  基(神奈川)

〔困ったことば〕 ぼっち──若者を投影し意味合いも変遷

井手 正賢(読売大阪)

〔特派員の日常から〕 野生生物との共存訴えるケニア──100億円以上相当の象牙を焼却 

稲葉 俊之(共同・ナイロビ支局)

〔わが支局 わが日々〕 “心の復興”に寄り添う

荒川 宏史(いわき民報・みなみ支社)

〔世界メディア事情・韓国〕 調査報道の新たな試み──経営難のなか若手記者の声を受け

米村 耕一(毎日)

〔前線記者〕 謎が残るクマの襲撃行動──鹿角市の4人死亡事故を取材して

千葉  勉(秋田魁)

〔メディアスコープ〕 デジタルの活用めぐり討議──WAN―IFRAカルタヘナ大会から

編集部

 

随 想

山の先に夏をみる

中村 賢二(信濃毎日)

ケンムンと生きる 

松井 輝美(南海日日)

上海の友人への賀状

安田 卓生(朝日放送)


ブックレビュー 

新聞日誌(2016年6月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ