1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2016年9月号(No.782)

『新聞研究』目次 2016年9月号(No.782)

参院選をどう報じたか

勝者に都合良く解釈させない姿勢で──争点と焦点をわけて位置づけ

西山 公隆(朝日東京)

「増税延期後」の課題を問う──改憲論議の現実踏まえ紙面作り

鈴木 雄一(読売東京)

選択肢を提示する報道機関の役割──候補者の動きと主張を丹念に拾う

田中  大(山形)

県民の意向と陣営の事情──伊方原発再稼働の「際立たない主張の違い」

武田  亮(愛媛)

10代と政治の接着剤に──「2%」の新有権者と「3分の2」考

辻村 圭介(佐賀)

苦労の連続となった合区の取材──候補、住民双方に〝不幸〟な制度

小谷 和之(新日本海)

「合区」の取材態勢と報道の教訓──徳島新聞と連携した紙面作り

浜田 成和(高知)

英EU離脱の取材と報道

英国民投票の「予想外」──誰の視点から見ていたか?

若松 邦弘(東京外国語大)

多面的に、主張をバランス良く──世界への影響見極めた投票までの報道

窪田  淳(日経)

多角的取材で「空気」をつかむ──報道の幅と深みを生む現地拠点の役割

坂井 隆之(毎日)

変わる英国を伝える──今後の報道課題は何か

島崎  淳(共同)


「人間の弱さ」の手触り──尼崎連続変死事件の闇に向き合って

木村 信行(神戸)

スマートフォン対応に力注ぐ──新聞協会「情報サービス現況調査」結果から

新聞協会デジタルメディア担当

連  載

〔ザ・ショット〕 住宅街をのみ込む泥水──広い現場を分かりやすく

山崎  亮(中国)

【新連載】〔“先生”体験から考える〕 柔らかな感受性に触れる──教室も新聞人の大切な「現場」

城島  徹(毎日)

〔世界メディア事情・米国〕 試される報道の客観主義──トランプ氏が前代未聞のメディア批判

津山 恵子(在米ジャーナリスト)

〔困ったことば〕 硫黄のにおい──正確さか伝わりやすさか

田原 浩史(テレビ朝日)

〔特派員の日常から〕 ひまわりと革命家──高まる若者の「台湾人意識」

 大月 克巳(時事・台北支局)

〔前線記者〕 問われた街の未来──郊外大型店の増床問題を取材して 

横内 史貴(山梨日日)

〔わが支局 わが日々〕 「ワインのまち」から

三宅 教之(山陽・新見支局)

〔メディアスコープ〕 デジタルニュースの動向──ロイタージャーナリズム研究所報告書から 

新嶋 良恵(慶応大)

随想

ミニバレー奮戦記

児玉 匡史(十勝毎日)

筑波山登山に思う

菊池 克幸(茨城)

稲作と三重 

綿貫 美希(伊勢)


〔データ&リサーチ〕 新聞・通信社の従業員数・労務構成調査(2016年4月)

ブックレビュー

新聞日誌(2016年7月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ