1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2016年10月号(No.783)

『新聞研究』目次 2016年10月号(No.783)

平成28年度新聞協会賞

新聞協会賞受賞者一覧

編集部門

「天皇陛下『生前退位』の意向」のスクープ

 重圧に耐えタイミング探る

橋口 和人(NHK)

連続震度7「奇跡の救出」など熊本地震の写真報道    

 人々の思いを込めて

和田 大典(毎日西部)

鬼怒川決壊「濁流に呑(の)み込まれる家族」のスクープ映像

 後世に伝えたい自然の脅威

米川 一成、鈴木 健司(フジテレビ)

命の軌跡 ~東日本大震災5年 一連の報道

 未来に教訓をつなぐ

神田 由紀(岩手日報)

経営・業務部門

中国新聞SELECTの創刊──新たな活字メディア戦略に挑む 

 紙媒体の大きな可能性を確信

北村 浩司(中国)

新聞協会賞選考経過

 選考を終えて     

溝口  烈(「編集部門」選考分科会委員長/読売)

〔新聞協会賞応募作品一覧〕


第36回新聞広告賞受賞作品

障害者差別と報道──相模原殺傷事件から

匿名発表がもたらすもの──事件を社会が熟慮するために何が必要か

野澤 和弘(毎日)

メディアの論点設定は的確か──精神科医療の実情から容疑者報道を考える

原  昌平(読売大阪)

数字で測れない価値伝える努力を──検証を精神障害者の地域生活支援の契機に

市川  亨(共同)

社会変える言葉を伝えるために──手探りと自問が続く現場取材

石川 泰大(神奈川)

パンドラの箱の暗闇を問い続けよ──事件の意味と新聞報道への期待

岡部 耕典(早大)


楽しみながら社会に向き合う──第21回NIE全国大会から

白倉  純(大分合同)

連 載

〔ザ・ショット〕 海底に眠る被災車両──今も残る津波の爪痕

庄子 徳通(河北)

〔世界メディア事情・中国〕 乗っ取られた改革派雑誌──習指導部の統制厳しく

山田 周平(日経)

〔〝先生〟体験から考える〕 新聞の面白さ伝えたい──教室から始まるNIE実践

溝越  明(西日本)

〔特派員の日常から〕 ドーピング問題と〝陰謀論〟──ロシア人の根深い欧米不信

黒川 信雄(産経・モスクワ支局)

〔前線記者〕 慰霊登山者を巡る環境の変化──御巣鷹の尾根での日航社員滑落事故を取材して

三神 和晃(上毛)

〔困ったことば〕 若干名──募集は何人?

藤本  毅(愛媛)

〔わが支局 わが日々〕 美濃焼の底力

松尾 法尋(岐阜・東濃総局)

〔メディアスコープ〕 熊本地震の課題・教訓まとめる──新聞協会災害対策特別委が報告書

編集部

随想

荒井退造という人

篠田 裕次(下野)

酪農の歴史を巡る

田宮和史郎(日本農業)

リオ五輪が終わって

堀井 伸二(島根日日)


ブックレビュー

新聞日誌(2016年8月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ