1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2017年8月号(No.793)

『新聞研究』目次 2017年8月号(No.793)

いじめ自殺の問題と報道

「予防可能な死」を防ぐには──連載「小さないのち」通じ模索し続ける

野沢 哲也(朝日)

なぜ悲劇は繰り返されたのか──仙台市の事件から考える記者の役割

横山  勲(河北)

第三者委は遺族の願いに応えよ──事実解明には報道機関の検証が必要

井上  駿(神戸)

「市教委の不手際たたき」で終わらずに──取手市中3生徒の事件を取材して

石川 孝明(茨城)

当事者の声集め事実を積み重ねる──震災避難生徒いじめ問題を報じる

川南 有希(共同)

被害者の立場で繰り返し報じる──6年前の事件経て対策に取り組む大津市で

小川 卓宏(京都)

長期取材に基づく教育実践の報道を──特有の課題抱える日本の学校組織といじめ

滝   充(国立教育政策研究所)

更生の在り方をどう報じるか──110年ぶりの刑罰見直しを前に

社会全体で出所者の更生支援を──高知刑務所の「塀の中から」

山崎 友裕(高知)

刑罰への正しい理解促す報道に期待──刑務所の養護施設化を招いたものは

浜井 浩一(龍谷大)


自省と改革求められるメディア──SNS時代の課題探ったIPIハンブルク大会

小松  浩(毎日)

斬新な視点で素材を読者に届ける──ドローンを活用した写真報道の現状と展望

小川 正成(北海道)

「調査報道」手法公開の試み──メディアへの信頼を取り戻すために

安井 俊樹(NHK)

連 載

〔世界メディア事情・韓国〕 大統領選でも「虚偽ニュース」拡大──懸念される韓国社会の分裂

中島健太郎(読売)

〔前線記者〕 収束見えぬなか農業再興はかる住民──豊後大野の地滑り問題を取材して

庄   亨(大分合同)

〔ザ・ショット〕 清流に映える銀鱗──3時間粘り水槽越しに活写

米丸  悟(宮崎日日)

〔特派員の日常から〕 「至近距離」で難民問題と向き合う──トルコで見たシリア内戦7年目の現実

坂本 隆之(フジテレビ・イスタンブール支局)

〔〝先生〟体験から考える〕 「言葉の力」を信じ真剣勝負──子供と出会い、新聞の可能性思う

斉藤  敦(秋田魁)

〔わが支局 わが日々〕 郷土ありてわれあり

河辺由記子(釧路・標茶支局)

〔困ったことば〕 男・女──ネガティブなイメージが定着?

田村 雅弘(日経)

随想

スポーツを撮る喜び

高久 佳也(函館)

琉球国之図

石堂 清彦(琉球)

ヒバクシャと禁止条約

岩崎  誠(中国)


ブックレビュー

欧米メディア動向(2017年5~6月)

新聞日誌(2017年6月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ