1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2017年12月号(No.797)

『新聞研究』目次 2017年12月号(No.797)

第70回新聞大会から

〈研究座談会〉 新聞界の直面する諸課題──「フェイク」と闘う新聞──

岡田 直敏(日経)/広瀬 兼三(北海道)/岡谷 義則(中国)

柴田 建哉(西日本)/白石興二郎(読売=コーディネーター)

〈新聞大会決議〉

〈記念講演〉

マツダのクルマ造り──ロマンとソロバン

金井 誠太(マツダ) 

ドイツ総選挙とメディア

「極右」の枠超えAfDに支持──変化を詳しく追うべき時期に

佐藤 伸行(追手門学院大)

社会の闇と隠れた本音を報じる──大国を厳しく見つめる責務

赤川 省吾(日経)

メルケル後の時代始まる──苦しい戦い迫られる独メディア

熊谷  徹(在独ジャーナリスト)


勝者の映像から掘り起こす新事実──地域の記憶繋ぐ「ながさき原爆記録全集」

大野陽一郎(長崎ケーブルメディア)


【2017年日本新聞協会・地域貢献大賞】

戸別配達が帰還を後押し──震災原発事故を乗り越え業務再開

原発事故避難指示解除区域の新聞販売店/脇沢 利光(脇沢新聞店)

選考経過・受賞活動一覧

連 載

〔ザ・ショット〕 溶けた米軍機の残骸──ドローンが写す苦悩の現場

上原  修(琉球)

〔前線記者〕 疑念残る「科学的判断」──柏崎刈羽原発審査「合格」を取材して

前田 有樹(新潟)

〔困ったことば〕 輿論・世論──変質する概念

渡辺  豊(テレビ東京)

〔特派員の日常から〕 巨大すぎる自治州の誇り──カタルーニャ独立は「民意」か

信夫  聡(共同・パリ支局)

〔世界メディア事情・韓国〕 米韓首脳のすきま風──日本発の報道に敏感な大統領府

中島健太郎(読売)

〔〝先生〟体験から考える〕 心に届く言葉を選びながら──魅力を伝える工夫に終わりなし

西田 達男(神戸)

〔わが支局 わが日々〕 開設90年の現場から

麻生幸次郎(毎日・和歌山支局)

随想

水木しげるさんの遺産

長曽 本明(新日本海)

祭りにみる移ろい

藤枝 智昭(茨城)

古賀穀堂のこと

横尾  章(佐賀)


ブックレビュー

欧米メディア動向(2017年9~10月)

新聞日誌(2017年10月)

2017年総目次(No.786~797)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ