#にほんをつなげ74

  1. HOME
  2. #にほんをつなげ74

#にほんをつなげ74 Kōki,さんが全国74の新聞に登場
~すべての広告を並べて メッセージを探そう 「新聞広告の日」統一キャンペーン


 日本新聞協会広告委員会は10月15日、「#にほんをつなげ74」と題し、モデルのKōki,さんを起用した全面広告を、全国74の新聞に掲載しました。10月20日が「新聞広告の日」であることから、全国的な統一キャンペーンを実施したものです。
 今まで新聞との接点があまりなかった人に、新聞に触れてほしい。新聞を読んでみてほしい。
――そんな思いから、強く純粋なまなざしで未来を見つめ、自分の力で未来をひらいていこうという意志を感じさせるKōki,さんを起用しました。Kōki,さんが新聞広告に登場するのは、これが初めてです。新聞広告を見た人がSNSなどに新聞広告の写真を投稿することによって、全74種類が番号順につながり、メッセージが浮かび上がるという仕掛けです。

 

 このキャンペーンは、全国の新聞がともにメッセージを発信することで、新聞広告のパワーを感じてもらうことが狙いです。10月15日から始まる新聞週間に合わせて実施しました。日本新聞協会に加盟する新聞社のうち74紙がキャンペーンに参加。74種類の広告には、異なる番号とひらがな1文字が書いてあり、そのひらがなを声に出しているKōki,さんの写真が大きく載っています。
 日本各地で新聞広告を見た人がSNSなどに投稿し、74種類が北から南に向けてつながりました。

#にほんをつなげ74

<メッセージ全文>

わたしは まだしらない     (私は、まだ知らない。 )
このくにのことや せかいのこと (この国のことや、世界のこと。)
しろう つよくなるために    (知ろう、強くなるために。 )
しろう いっぽふみだすために  (知ろう、一歩踏み出すために。)
しろう じゆうをまもるために  (知ろう、自由を守るために。 )
しんぶんで みらいをひらこう  (新聞で、未来をひらこう。)

Kōki

<参加新聞74紙>

北海道新聞釧路新聞苫小牧民報室蘭民報東奥日報陸奥新報デーリー東北北羽新報秋田魁新報岩手日報岩手日日新聞河北新報山形新聞福島民報福島民友新潟日報茨城新聞下野新聞桐生タイムス上毛新聞埼玉新聞千葉日報毎日新聞産経新聞サンケイスポーツ夕刊フジフジサンケイビジネスアイ読売新聞日本経済新聞The Japan Times朝日新聞スポーツニッポン報知新聞日刊スポーツ日本農業新聞東京新聞神奈川新聞山梨日日新聞静岡新聞長野日報市民タイムス信濃毎日新聞北日本新聞北陸中日新聞福井新聞日刊県民福井岐阜新聞中日新聞東愛知新聞伊勢新聞夕刊三重奈良新聞京都新聞神戸新聞日本海新聞山陽新聞山陰中央新報島根日日新聞中国新聞宇部日報山口新聞徳島新聞高知新聞愛媛新聞大分合同新聞西日本新聞佐賀新聞熊本日日新聞夕刊デイリー宮崎日日新聞南日本新聞琉球新報沖縄タイムス朝日新聞(西部本社版)

◆日本新聞協会について

新聞・通信・放送130社(2018年10月現在、新聞104、通信4、放送22)で構成する一般社団法人。1946年(昭和21年)7月に創立されました。会長は白石興二郎(しらいし・こうじろう/読売新聞グループ本社代表取締役会長、読売新聞東京本社代表取締役会長)。

◆日本新聞協会広告委員会について

新聞協会会員新聞社の広告・営業局長64社64人で構成。委員長は金山達也(かなやま・たつや/朝日新聞東京本社メディアビジネス局長)。

◆「新聞広告の日」について

新聞協会が1958年(昭和33年)、日ごろの広告出稿に感謝するとともに、新聞広告を広くPRする目的で、10月20日を「新聞広告の日」に制定しました。

◆新聞週間とは

新聞協会は、10月15日から21日までの1週間を「新聞週間」と定めています。報道の使命と責任をあらためて考えるとともに、報道の機能と役割を広く再認識してもらうことを目的に、1948年(昭和23年)に創設されました。

〈この件に関する問い合わせ先〉

日本新聞協会 広告部広告担当(村山、三品)
電話:03-3591-4407  メール:koukoku@pressnet.or.jp

以  上