受賞作品紹介

LINEの運営 ずさんさ追及

【新聞協会賞 ニュース部門】朝日新聞社・峯村健司氏(取材班代表)
LINEの個人情報管理問題のスクープと関連報道

日本新聞協会は10月6日、2021年度の新聞協会賞を朝日新聞社の峯村健司氏(取材班代表)らに贈ると発表しました。

朝日新聞社は、無料通信アプリを運営する「LINE」が利用者に十分な説明がないまま、中国の関連会社から個人情報を閲覧できる状態にしていたことを、21年3月17日付朝刊1面で特報しました。

翌18日付朝刊では利用者が投稿した画像・動画データを韓国内のサーバーに保管していたことを続報し、ずさんな運営の実情に迫りました。一連の報道を受け、国や自治体が対応を迫られるなど、行政にも大きな影響を与えました。

国内外の取材網を駆使し、プラットフォーム事業者が大きな影響力を及ぼすようになった社会に警鐘を鳴らした調査報道として高く評価されました。

<受賞者>

朝日新聞社
「LINE」問題調査報道取材班
(代表)東京本社編集局編集委員

峯村健司氏

(2021年10月7日)