受賞作品紹介

署名大量偽造 連携し特報

【新聞協会賞 ニュース部門】中日新聞北陸本社(前名古屋本社)・酒井和人氏
          西日本新聞社・竹次稔氏(取材班代表)
愛知県知事リコール署名大量偽造事件のスクープと一連の報道

日本新聞協会は10月6日、2021年度の新聞協会賞を中日新聞北陸本社(前名古屋本社)の酒井和人氏、西日本新聞社の竹次稔氏(取材班代表)らに贈ると発表しました。

中日新聞社と西日本新聞社は、愛知県知事のリコール署名が佐賀県内で組織的に大量偽造されていた事実を、21年2月16日付朝刊1面で特報しました。

偽造に関わったアルバイト男性など関係者への丹念な取材を通じて、不正の実態を詳細に伝え、社会に大きな衝撃を与えました。遠く離れた2県を舞台にした事件の真相に迫ることで、制度の問題点も浮き彫りにするとともに、関係者の逮捕にまでつながりました。

民主主義の根幹を揺るがす重大な事実を、発行地域が異なる両紙が見事に連携してあぶり出した調査報道として高く評価されました。

<受賞者>

中日新聞社
愛知県知事リコール署名大量偽造事件取材班
(代表)中日新聞北陸本社編集局報道部長(前名古屋本社編集局社会部次長)

酒井和人氏

西日本新聞社
愛知県知事リコール署名大量偽造事件取材班
(代表)西日本新聞社編集局クロスメディア報道部デスク

竹次稔氏

(2021年10月7日)