受賞作品紹介

コロナ下 母娘の再会写す

【新聞協会賞 写真・映像部門】毎日新聞東京本社・貝塚太一氏(取材班代表)
「ぬくもりは届く」~新型コロナ 防護服越しの再会~

日本新聞協会は10月6日、2021年度の新聞協会賞を毎日新聞東京本社の貝塚太一氏(取材班代表)らに贈ると発表しました。

毎日新聞東京本社は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で高齢者施設内の面会が制限される中、入居する母と防護服を着た娘が思わず抱き合った瞬間を写真に捉え、20年11月10日付朝刊で報じました。

想定していなかった母娘の動きに機敏に反応し、人と人が容易に会えない異常な日々と、それでも変わらぬ家族の情愛を一枚の写真で見事に伝えました。宇宙服のような防護服の一見ユーモラスな構図の中に、触れ合いを求める人々の切実な願いを写し出しました。

コロナ禍が続いた1年を象徴し、読者の大きな共感を呼んだ写真報道として高く評価されました。

<受賞者>

毎日新聞東京本社
新型コロナ写真企画取材班
(代表)北海道支社報道部写真グループ

貝塚太一氏

(2021年10月7日)