記者が語る

「要因見つめ、読者の疑問に応える」

新聞協会賞受賞スピーチ

神戸新聞社・井上駿氏

神戸新聞社・井上駿氏が11月26日、新聞協会賞贈賞式で受賞スピーチをしました。「電子版に公開した教員間暴力を巡る動画は、インターネット上でさまざまな憶測を呼んだ。加害行為を扇情的に伝えるのではなく、要因を適切に見つめ、読者の疑問に応える紙面作りを目指した。断片的な情報を集める地道な取材だった。『ともに考え、ともに悩む』地方紙の役割を今後も果たしたい」と語りました。

<受賞者>

井上駿(いのうえ・しゅん)氏

神戸新聞社
編集局報道部
「教員間暴力のスクープと神戸の教育を巡る一連の報道」の取材班代表として、2020年度新聞協会賞を受賞。

(2020年12月15日)