1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 教員免許更新でNIE講習 星槎大とニュースパーク連携

教員免許更新でNIE講習 星槎大とニュースパーク連携

 ニュースパーク(新聞博物館)で8月1日から3日間、星槎大の教員免許状更新講習が開かれた。大学院に「メディア・ジャーナリズム研究コース」を持つ星槎大と、NIEの普及に取り組む博物館が協力し、新聞活用を題材にした講習を実現させた。最終日の学習指導案作りで、青山学院横浜英和中学高等学校の相田賢二教諭(33)は飲食店の分煙化に関する記事を使い、たばこを巡る問題を多角的に考慮する指導案を作った。

 1、2日目は星槎大院の佐々木伸教授がメディアリテラシーについて講演したほか、博物館スタッフが新聞の歴史などを解説した。学習指導案作りでは、参加者が協会会員の130紙から記事を選んだ。新聞協会の関口修司NIEコーディネーターが講師を務めた。

 相田氏は飲食店の分煙に関する記事と、喫煙者やたばこ農家の声を伝える記事の2本を選んだ。同じ意見を持つ人でグループを作り、模造紙に考えをまとめ発表する授業を提案した。「一つの問題を多様な角度から考える力を付けさせたい」と語った。65人が参加した。

ページの先頭へ