1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 働く母親応援 冊子刊行 東京都内で試験配布 新聞協会

働く母親応援 冊子刊行 東京都内で試験配布 新聞協会

 新聞協会はこのほど、仕事と育児の両立に試行錯誤する20~30代女性向けの冊子「1日10分で教養アップ! 働くママ応援ガイド」を刊行した。新聞の読み方や情報収集のこつなどを伝える。東京都内で試験的に配り、効果を測る。

 自治体保育課窓口や女性の就労を支援するマザーズハローワーク、創業支援施設、母親が子供を連れて訪れる児童館や公共図書館などに置く。都内の従業員200人以上の企業にも見本誌を送る。

 冊子はA5判16ページ。巻頭には女性の就労支援などを手掛けるキャリア・マムの堤香苗代表取締役へのインタビューを収録した。育休中から「ビジネスで使える語彙(ごい)力を復活させるために、新聞を読むことをお勧めします」との助言を紹介した。新聞科学研究所のウェブサイトや、サイト内の試読申し込みページに誘導する二次元コードを載せた。閲覧数の変化を分析する。配布先からの引き合いなどと併せて需要や効果を見極め、全国展開を検討する。

女性起業家招きトークイベント

 刊行を記念し、12月7日に東京都千代田区のTOKYO創業ステーションでトークイベントを開く。女性起業家らが育児との両立や新聞からの情報収集法について話す。司会は読売のウェブサイト「大手小町」の小坂佳子編集長。

ページの先頭へ