1. トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究
  4. 台風19号による豪雨災害と報道

台風19号による豪雨災害と報道

台風19号による豪雨災害と報道

防災対策に資する情報の整理、検証──災害の激甚化と報道のあり方

千種 辰弥(朝日)

氏名公表、割れる判断──台風犠牲者、地域で共有できず

所澤新一郎(共同)

大雨警戒レベルの理解促進を──「全員避難」との組み合わせが生んだ混乱

関谷 直也(東大)

プライバシーと防犯の課題を実感──「雑魚寝スタイル」避難所体験記に反響

坂根 真理(毎日)

「命を守る」という原点から──草の根防災が奏功した宮城県大郷町の事例

藤田 和彦(河北)

教訓を伝えることが使命──犠牲の背景探り、防災への心構えに注力

伊東 一浩(福島民報)

言葉が被災者の力になる──長野県の千曲川氾濫を伝えて

小池 浩之(信濃毎日)


「レガシー」の視点を意識──ラグビーW杯を開催した地元の県紙として

田尻 雅彦(大分合同)

多様性が価値生む社会へ──パラリンピックをどう報じるか

結城和香子(読売)

「つながる」地方紙の挑戦──オンデマンド調査報道とローカルメディア連携

坂本 信博(西日本)

「社会のなかの科学」見極める──日本科学技術ジャーナリスト会議、25年の歩み

佐藤 年緒(日本科学技術ジャーナリスト会議)

著作権使用料巡る対立の行方は──団結する仏メディアと米IT大手の思惑

高橋 真美(在仏ジャーナリスト)

連 載

〔ザ・ショット〕 沖縄のシンボルが焼失した日──夜空染めた首里城の最後の嗚咽

ジャン松元(琉球)

〔世界メディア事情・米国〕 ヘッジファンドが台風の目に──曲がり角の米ローカル新聞業界

津山 恵子(在米ジャーナリスト)

〔特派員の日常から〕 ノーベル平和賞受賞も懸念の声──民族対立など難題抱えるエチオピア首相

飛田 雅則(日経・カイロ支局)

〔〝先生〟体験から考える〕 厳しい環境の子を支える──「読者獲得」と2本柱のNIE

塚地 和久(高知)

〔前線記者〕 「自白の強要」巡る説明への疑問──愛媛県の誤認逮捕問題を取材して

竹下 世成(愛媛)

〔わが支局 わが日々〕 市長の意地と肝いりと

渕上 耕明(宮崎日日・都城支社)

随想

読者ファースト?

小林  亨(北海道)

関西のスポーツ熱

尾谷 和也(報知)

写真が語る人間ドラマ

白山 眞理(日本カメラ財団)


〔メディアスコープ〕 両国の対立あおらない報道を──第51回日韓編集セミナーを取材して

新聞協会

〔データ&リサーチ〕 日刊紙の都道府県別発行部数と普及度(2019年)

ブックレビュー

新聞日誌(2019年11月)

定価800円(税・送料別)

ページの先頭へ