新聞オーディエンス調査365

  1. HOME
  2. 新聞関連データ
  3. 新聞オーディエンス調査
  4. 新聞オーディエンス調査365

 「新聞オーディエンス調査365」は、月1回以上新聞を読んでいる人を対象に、普段と比べてメディアによく接したかどうかを尋ねる調査です。2017年10月1日から19年9月までの2年間実施していったん終了し、20年6月から再開しました。
 新聞、テレビ、インターネットのメディア別に、当該月の回答平均と比較したデーリーの接触状況を把握します。事件や事故、政治・経済の状況に加え、大型イベントや正月など消費行動にもつながる各種タイミングでのメディア接触、季節変動などを観測していきます。18歳以上69歳以下の男女300人を対象に調査を行い、1か月ごとのトピックスを毎月下旬に発表します。
 これまでの調査結果は、こちらをご覧ください。


眞子さまご結婚、衆院選で新聞への接触高まる
「新聞オーディエンス調査365」21年10月度調査


 日本新聞協会広告委員会は11月26日、ウェブ調査「新聞オーディエンス調査365」の2021年10月度調査結果を発表しました。
 この調査は、普段と比べてメディアによく接したかどうかを毎日尋ねるウェブ調査です。全国の18歳以上69歳以下の男女300人を対象に、新聞、テレビ、インターネットのメディア別に調べ、月ごとにデーリーの接触傾向を発表しています。
 この調査では、紙の新聞だけでなく、電子版、オンライン版、ニュースサイトなど新聞社が発信する情報を含めて「新聞」と集計しています。なお、テレビ、インターネットについても同様の集計です。

◇政党や候補者の新聞報道を投票の参考に

 10月で新聞や新聞社が発信する情報への接触が最も高まったのは、27日でした。前日26日に秋篠宮家の長女眞子さまが、大学時代の同級生と結婚されたニュースに高い関心が寄せられました。婚姻届提出後に行われた記者会見の様子や、質問への文書回答全文を掲載した記事などに注目が集まりました。また、衆議院選挙が終盤を迎え、激戦区の候補者の動向なども関心を集めました。26日に6年ぶりのセ・リーグ優勝を決めたプロ野球・東京ヤクルトスワローズ関連のニュースにもアクセスがありました。
 2番目に接触が高まったのは、12日と31日でした。12日は、前日11日から岸田文雄首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が衆院本会議で始まり、新内閣発足後初めての国会論戦に関心が寄せられました。また、11日にはプロ野球のドラフト(新人選手選択)会議が開かれ、各球団が交渉権を獲得した選手の横顔や喜びの声を伝えるスポーツ記事にも注目が集まりました。
 31日は衆院選の投開票日で、普段よりも新聞への接触が高まった理由として、政党や候補者に関する情報を投票の参考にした、選挙当日なので関連記事に注目して読んだといった回答が多数寄せられました。新聞社の報道が、選挙で投票する際の重要な情報源となっていることがうかがえます。

◇緊急事態宣言解除、旅行会社の広告に注目

 この調査では、「印象に残った新聞広告」を尋ねています。10月は「そろそろ、あなたもマイナンバーカード」(総務省/10日)、「腸に届いて、脳に働く。メモリービフィズス記憶対策ヨーグルト」(森永乳業株式会社/16日)などが上位に挙がりました。
 緊急事態宣言が全面解除されたことを受け、秋の行楽シーズンに向けて旅行会社の広告が注目されました。お正月に向けて、おせち料理の広告も目立ちました。また、衆院選での政策や公約を訴える政党や候補者の広告も掲載されています。


◇2021年10月のメディア別接触傾向

①10⽉27⽇(前⽇に秋篠宮家の⻑⼥眞⼦さまが結婚、衆議院選挙関連、前⽇にプロ野球・東京ヤクルトスワローズがセ・リーグ優勝)
②10⽉12⽇(前⽇より岸⽥内閣発⾜後初の国会論戦、前⽇にプロ野球ドラフト会議開催)
②10⽉31⽇(衆院選の投開票⽇)



◆日本新聞協会について

新聞・通信・放送127社で構成する一般社団法人。会長は丸山昌宏(まるやま・まさひろ/毎日新聞社代表取締役社長)。

◆日本新聞協会広告委員会について

日本新聞協会会員新聞社の広告・営業局長63社63人で構成。委員長は安部順一(あべ・じゅんいち/読売新聞東京本社常務取締役広告局長)。

◆日本新聞協会広告委員会が行う調査について

日本新聞協会広告委員会は2017年から、メディア接触と評価に関する各種調査を実施しています。メディア環境の変化に伴い、定期購読のほか目的や状況に応じて不定期に新聞を読んだり、SNSで拡散された新聞記事や広告を目にしたりといった新しい接し方が生まれています。そこで、多様な形で新聞社発の情報に接触する人全体を「新聞オーディエンス」と定義し、その構成や実態を以下の調査で明らかにします。

「新聞オーディエンス調査」(定点調査)

=新聞の情報がどんな場面で読まれているのか、各メディアの接触状況や評価などの基礎情報を定期的に把握します。訪問留め置き法で年1回実施します。

「新聞オーディエンス調査365」

=月1回以上新聞を読んでいる18歳以上69歳以下の男女300人を対象に、普段と比べてメディアによく接したかどうかを毎日尋ねるウェブ調査です。毎月のトピックスを翌月下旬に発表しています。2017年10月1日から19年9月30日まで実施し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うメディア接触状況の変化を調べるため、20年6月より調査を再開しました。新聞、テレビ、インターネットのメディア別に、当該月平均と比較したデーリーの接触状況を表します。事件や事故、政治・経済の状況に加え、大きなイベントや正月など消費行動にもつながる各種タイミングでのメディア接触、季節変動などを観測します。

〈この件に関する問い合わせ先〉

日本新聞協会 広告部広告担当(桜井、後藤)
電話:03-3591-4407  メール:koukoku@pressnet.or.jp

以  上