新聞オーディエンス調査(定点調査)

  1. HOME
  2. 新聞関連データ
  3. 新聞オーディエンス調査
  4. 新聞オーディエンス調査(定点調査)

 「新聞オーディエンス調査」は、メディア環境が変化する中で、メディアへの多様な接触のあり方を把握することを目的として、年1回実施しています。全国の15歳以上79歳以下の男女1200人を対象に、訪問留め置き法で行っています。

 2021年調査の関連資料を掲載しておりますので、ご活用ください。
PR資料(PDF)
PR資料(PPT)


情報の信頼性・正確性は新聞がトップ
インターネットニュースも新聞社発の情報を最も信頼

~2021年「新聞オーディエンス調査」結果を発表~


 日本新聞協会広告委員会は1月20日、2021年「新聞オーディエンス調査」の結果を発表しました。この調査は、メディア環境が多様化する中で、紙だけでなくさまざまな形で読まれている新聞社発の情報や新聞広告への接触状況、評価を把握する目的で実施しています。今回は全国の15歳以上79歳以下の男女1200人を対象に、21年10月に訪問留め置き法で実施しました。調査では、電子版やニュースサイト、SNSなどインターネット経由で見聞きされる新聞の情報を含め「新聞」として集計しています。なお、テレビ、雑誌、ラジオについても同様です。

◇新聞の情報に9割の人が接触

 新聞社が発信する情報は、紙の新聞だけでなく、さまざまなメディアを通じて提供されています。この調査では、新聞本紙の購読者を含め、何らかの方法で新聞の情報に接触する人を「新聞オーディエンス」と定義しています。
 新聞に毎日接触する「エブリデーオーディエンス」は45.7%、週1回以上の「ウイークリーオーディエンス」は14.5%、月1回以上の「マンスリーオーディエンス」は3.4%で、これに月1回未満、または普段は全く見聞きしないが、見る機会がある「拡張オーディエンス」24.2%を合わせると、「新聞オーディエンス」は全体で87.8%に上ります(下図参照)。新聞社提供の情報は9割の人に見聞きされており、5割の人が新聞から日常的に情報を入手していることが分かります。
 新聞社がニュースを提供することが多いインターネットにも71.7%が毎日接触しており、メディア環境が多様化する中で、新聞は人々の生活に必要不可欠な情報源となっています。

◇若年層にも届く新聞の情報

 新聞社発の情報に接触する「新聞オーディエンス」全体の平均年齢は49.5歳で、30代以下は30.2%を占めています。このうち新聞の情報に毎日接触する「エブリデーオーディエンス」は、40代以下が27.4%で、社会の中核を担う層や若い世代にも新聞情報は届いていることが分かります。普段は新聞を読まないものの、何らかの機会や場所によっては新聞の情報に触れる「拡張オーディエンス」の平均年齢は38.3歳、40代以下が8割を占めています。

◇新型コロナ流行後に新聞の閲読時間が増加

 新型コロナウイルスの流行前と比較して、12.6%の人が新聞の閲読時間が「増えた」と回答しています。平均閲読時間も、平日は3.3分、休日は2.6分それぞれ増えており、コロナ流行後の新聞への接触は増加傾向にあることが分かります。人々の日常生活を一変させた新型コロナの感染拡大後、新聞社発の情報に対する関心は高まっています。

◇新聞は日常生活に密着したメディア

 情報の種類別に、どのメディアから入手しているかを尋ねた結果、新聞は「世の中で起きていることの最新ニュース」(42.2%)、「世の中で起きていることの経緯・経過」(37.9%)、「テレビ・ラジオの番組情報」(35.6%)などが上位に挙げられました。特に「地域(地元)の情報」(27.1%)、「お悔やみ情報」(同)、「人事情報(企業・教員・公務員等)」(16.9%)は、全メディアの中で最も高いスコアとなっています。
 また、広告情報の入手手段としても、新聞は上位に挙げられています(31.1%)。「選挙に関する情報」(31.7%)、「世の中で起きていることの詳しい解説」(30.3%)の入手でも評価されるなど、新聞は社会の重要ニュースや生活に密着した情報を提供する媒体として選ばれています。

◇新聞の正確さと信頼性は全メディア中トップ

 各メディアの印象・評価で、新聞は「知的である」(58.6%)、「安心できる」(48.3%)、「情報が正確である」(47.5%)、「情報の信頼性が高い」(47.1%)、「教養を高めるのに役立つ」(46.2%)の項目で、全メディアの中で最も高い評価を受けています。「就職活動の重要な情報源」(36.8%)、「仕事に役立つ」(34.3%)との評価も他のメディアより高くなっており、新聞はビジネスパーソンや学生に活用されていることが分かります。「情報が整理されている」(43.8%)、「地域に密着している」(40.4%)、「中立・公正である」(30.4%)という項目でも、最高の評価を得ています。

◇インターネットニュースも新聞の信頼度はトップ 

 インターネットで入手するニュースの提供元については、37.6%の人が「必ず確認する」「たいてい確認する」と回答しており、情報の信頼性を重視する傾向にあることがうかがえます。「記事の提供元が新聞社」の情報を「よく見る」「たまに見る」との回答は55.1%で、インターネット上でも新聞は読まれていることが分かります。また「記事の提供元が新聞社」の情報については、「信用できる」「どちらかというと信用できる」との回答が51.4%に上り、全メディアの中でトップの評価を得ています。新聞社発のニュースは、インターネット上でも最も信頼できる情報として、最高の評価を獲得しています。

◇社会の動きに関心が高い新聞読者

 新聞の情報に接触している「新聞オーディエンス」の特徴として、「環境に配慮した商品を選ぶ」(51.2%)、「企業の社会的責任に関心がある」(32.2%)といった傾向があることが分かりました。社会の動きに関する情報への感度が高い「新聞オーディエンス」は、企業・団体の経営姿勢や社会貢献活動に高い関心を持っていることがうかがえます。

◇新聞広告は商品・サービスの購入・利用を後押し

 消費者の購買プロセスにおいて、新聞広告は商品・サービスを知るきっかけとなる「認知」だけでなく、興味を持つきっかけとなったり、欲しい気持ちが高まる「興味・関心」、商品等の検索、確認、内容理解といった「比較・検討」というミッドファネルにおいても重要な役割を果たしています。新聞は、商品・サービスの購入・利用を後押しする広告媒体として、一定の評価を得ています。

◇新聞広告も信頼性と正確さが最高評価

 新聞広告は「情報が信頼できる」(36.5%)、「地域や地元の情報が多い」(27.9%)、「内容が公平・正確」(22.2%)といった項目で、全ての広告メディアの中で最も高い評価を得ています。また、「ゆったりと広告を見聞きできる」(25.8%)、「広告を見聞きし不快に感じることが少ない」(22.5%)との評価も、他のメディアより高くなっています。読者にとって新聞は、安心して見られる広告媒体といえます。


◆日本新聞協会について

新聞・通信・放送126社で構成する一般社団法人。会長は丸山昌宏(まるやま・まさひろ/毎日新聞社代表取締役社長)。

◆日本新聞協会広告委員会について

日本新聞協会会員新聞社の広告・営業局長63社63人で構成。委員長は安部順一(あべ・じゅんいち/読売新聞東京本社常務取締役広告局長)。

◆日本新聞協会広告委員会が行う調査について

日本新聞協会広告委員会は2017年から、メディア接触と評価に関する各種調査を実施しています。メディア環境の変化に伴い、定期購読のほか目的や状況に応じて不定期に新聞を読んだり、SNSで拡散された新聞記事や広告を目にしたりといった新しい接し方が生まれています。そこで、多様な形で新聞社発の情報に接触する人全体を「新聞オーディエンス」と定義し、その構成や実態を以下の調査で明らかにします。

「新聞オーディエンス調査」

=メディア環境が多様化する中で、紙だけでなくさまざまな形で読まれている新聞社発の情報や新聞広告への接触状況、評価を把握する調査です。全国の15歳以上79歳以下の男女1200人を対象に、訪問留め置き法で、各メディアの接触状況、印象・評価、広告メディアの印象・評価などを調べます。紙の新聞だけなく電子版やニュースサイト、SNSなどインターネット経由で見聞きされる新聞の情報を含め「新聞」として集計しています。

「新聞オーディエンス調査365」

=月1回以上新聞を読んでいる18歳以上69歳以下の男女300人を対象に、普段と比べてメディアによく接したかどうかを毎日尋ねるウェブ調査です。毎月のトピックスを翌月下旬に発表しています。2017年10月1日から19年9月30日まで実施し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うメディア接触状況の変化を調べるため、20年6月より調査を再開しました。新聞、テレビ、インターネットのメディア別に、当該月平均と比較したデーリーの接触状況を表します。事件や事故、政治・経済の状況に加え、大きなイベントや正月など消費行動にもつながる各種タイミングでのメディア接触、季節変動などを観測します。

〈この件に関する問い合わせ先〉

日本新聞協会 広告部広告担当(桜井、後藤)
電話:03-3591-4407  メール:koukoku@pressnet.or.jp

以  上