1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2010年11月号(No.712)

『新聞研究』目次 2010年11月号(No.712)

デジタルメディアの新展開(第2回)

新たな電子書籍端末に積極対応――ニーズ見極め収益化の道筋探る
岩沢 武夫(毎日東京)
主導権をメディアの手に――加盟社と「NEWSmart」立ち上げ
安斉 敏明(共同)
地域・生活情報の深化を軸に――有料電子版への参入と将来展望
高橋 幸彦(十勝毎日)
タブレット型端末をどう見るか――米国新聞業界の試練と挑戦
石川 幸憲(ジャーナリスト)

平成22年度新聞協会賞

選考経過(追加応募)

受賞報告

編集部門

「大阪地検特捜部の主任検事による押収資料改ざん事件」の特報及び関連報道――FD解析が調査報道の決め手
平山 長雄(朝日大阪)

重い言葉、体系化して伝える――「戦争証言アーカイブス」の取り組み
伊藤 純(NHK)
法的制約と過剰な自主規制に問題点――韓国の国民参与裁判制度と取材・報道
韓 永學(北海学園大)
地元紙としての使命と苦難――口蹄疫報道を経験して
小川 祐司(宮崎日日)
記者は自問し、共感得られる報道を――改正臓器移植法施行下における取材とメディアの役割
野瀬 輝彦(朝日東京)
「消えた高齢者」問題をどう報じるか――画一的管理を避け、実情に合わせて見守る視点
西田 義洋(東京)

<新聞協会・第1回「私の提言――明日の新聞広告・新聞ビジネス」最優秀賞>

ニュースカフェの創設~新たな拠点メディアとして~
松久 貴紀(北海道)

連載

〔わかりやすさを考える〕(8)等身大の新聞を目指して<サンスポ「スポーツ紙の取り組み」の巻>
久保田 茂信(サンスポ)
〔ザ・ショット〕清水の里――絵になる瞬間を切り撮る
疇地 巧輝(中日)
〔特派員の日常から〕(パリ)「ヤジ馬精神」を原点に――通用しない日本の常識
野尻 仁(読売テレビ)
〔地方紙社説・論説総覧〕地方からこの国の今を見る(2010年9月)
新聞協会審査室
〔わが支局 わが日々〕(静岡・水窪支局)道がつなぐ地域交流
森島 健太
〔ようこそニュースパークへ〕(57)多様な収蔵資料の意義
春原 昭彦(上智大)
〔世界の新聞界の動き〕(31)マードック・メディアの体質問う声も――英日曜紙の電話盗聴事件
廣瀬 英彦(東洋大)
〔前線記者〕トップ更迭に発展した情報隠蔽――6管ヘリ墜落事故を取材して
川上 大介(読売大阪)

随想

「整形」の時代 宍戸 豊和(秋田魁)
もう一つの坂の上 江戸 利昭(愛媛)
南二郎さんを偲んで 田中 千恵(サウンドデザイン・ジャパン)
メディアスコープ 開館10周年を迎えた新聞博物館――多様な取り組みと今後の課題
西野 文章(新聞教育文化財団)
データ&リサーチ
(1)新聞社総売上高推計調査(2009年度)
(2)新聞社の経営動向(2009年度)

ブックレビュー

新聞日誌(2010年9月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ