1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2012年10月号(No.735)

『新聞研究』目次 2012年10月号(No.735)

――  ――    平成24年度新聞協会賞

新聞協会賞受賞者一覧

編集部門

東電女性社員殺害事件・再審請求審のDNA鑑定結果を巡る一連のスクープ 
 科学捜査、証拠開示の在り方を問う

早坂  学(読売東京)

連載写真企画「命のゆりかご~瀬戸内の多様な生態系」
 瀬戸内海から環境問題を考える

高橋 洋史(中国)

長期連載企画「プロメテウスの罠」
 現実を徹底して描き出す

宮﨑 知己(朝日東京)

東日本大震災 東京電力福島第一原発事故 一連の報道
 被災者の目線で発信続ける

佐藤 光俊(福島民報)

連載企画「居場所を探して―累犯障害者たち」
 当事者に当たり、現実を切り取る

森永  玲(長崎)

技術部門

競争と協調の時代へ~カラープルーフの相互利用~
 進む印刷提携への対応

町田  温(朝日)

佐藤 博之(中日)

新聞協会賞選考経過

選考を終えて

福地 献一(新聞協会賞「編集部門」選考分科会委員長/朝日東京)

五阿弥宏安(新聞協会賞「技術部門」選考分科会委員長/読売東京)

〔新聞協会賞応募作品一覧〕


第32回「新聞広告賞」受賞作品

いじめ自殺報道を考える

「いじめ」報道の狙いと課題――  実態と解決の方策を報じることで

深井 康行(読売大阪)

大津いじめ問題をどう報じるか――    地元紙として、再発防止につなげるために

宮部 真典(京都)

<インタビュー>議論のプラットフォーム構築を――  いじめ・自殺を防ぐためにメディアができること

清水 康之(ライフリンク)

いじめの本質的問題を問うために――  構造的問題は議論されているか

村山 士郎(大東文化大)

連  載

〔わかりやすさを考える〕 (第31回)カラーを武器に日々探究 <北國「見出し・レイアウトの工夫」の巻>

金津泰二郎(北國)

〔ザ・ショット〕 あの海を背にして――  祖父の日記からたどる戦跡

丹村 智子(西日本)

〔わが支局 わが日々〕 (十勝毎日・本別支局)鉄道遺産で町おこし

安田 義教

地方紙社説・論説総覧――  地方からこの国の今を見る(2012年8月)      

新聞協会審査室

〔特派員の日常から〕 (バンコク)海外でも同じ 事件取材の手法――  インド日系工場の暴動の背景             

杉谷  剛(中日)

〔前線記者〕 健康被害と企業や国の対応――  印刷会社での胆管がん多発を取材して   

大島 秀利(毎日大阪)

世界メディアウォッチ⑦ 豪州はニュース課金の実験場―― 主要新聞サイトが来年有料化へ   

松井  正(読売東京)

随想

市川中車の挑戦           

会田 洋治(エヌピー通信)

甲子園観戦記 

大島  尚(朝日放送)

「捨てないで!!」の運動             

小田嶋正勝(南信州)


ブックレビュー         

新聞日誌(2012年8月)――  ――  ――  

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ