1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2014年5月号(No.754)

『新聞研究』目次 2014年5月号(No.754)

個人情報保護法見直しと報道

ジャーナリズムの新たな挑戦に期待──取材規制や過剰反応にはあらためて注意を

曽我部真裕(京大) 

ステージの変化に応じた議論を──独立機関とどう向き合うか

田原 和政(日経)

「知る権利」に資するために──求められる適切な情報保護措置と周知徹底

藤田 和之(読売東京) 

報道機関へのテレビ会議開示の重要性──「プライバシー」がもたらす原発事故報道での懸念

奥山 俊宏(朝日東京) 

公益性・公共性踏まえた制度を──情報公開の視点から

三木由希子(情報公開クリアリングハウス)

〈資料〉個人情報保護制度の動きと報道側の対応

編集部

LGBTをめぐる問題をどう報じるか

適切な理解と価値判断を──メディアに求められる視点とは

村木 真紀(虹色ダイバーシティ) 

「実像」を正しく伝えるために──当事者を取材・報道する意義と課題 

丹野 恒一(毎日東京)

「政治イシュー化」の必要性──社会的可視化を進めるには

二階堂友紀(朝日東京)


STAP第一報の伝え方を考える──基礎科学報道に批評性を

尾関  章(元朝日) 

問われた「お金」の本質──ビットコイン取引所の破綻を伝える

畑  武尊(読売東京) 

渦中に身を置き、全体を見通す──出直し大阪市長選を報じて

麻生幸次郎(毎日大阪)

露呈した災害対策の弱点──記録的大雪が残した教訓

森本  充(産経東京) 

連  載 

〔メディアスコープ〕 デジタル時代の報道の方法論とは──『検証ハンドブック』を発行

 椿  梨奈(欧州ジャーナリズムセンター)

〔ザ・ショット〕 名物横丁の火災を捉える──再建の明かりを撮りたい 

野本 裕人(読売大阪) 

〔大震災を風化させないために〕(第5回) 被災経験を生かす──新潟地震50年、中越地震10年 

中村  茂(新潟) 

〔世界メディア事情〕(米国) デジタル版のデザイン、完成形へ──「めくる」から「スワイプする」 

津山 恵子(在米ジャーナリスト)

〔前線記者〕 心に傷痕残した凶行──柏の連続通り魔事件を取材して 

市古 昌也(千葉)

〔この道一筋の記者が語る〕 (競馬) 夢は生涯一競馬記者 

片岡 良典(サンスポ)

〔特派員の日常から〕(上海) 「安心」「安全」の価値──ファストファッションから見える中国 

高井  望(読売テレビ)

〔わが支局 わが日々〕(神戸・宝塚支局) 歌劇100周年を迎えて

田中 真治

〔ようこそニュースパークへ 78〕 日中記者交換 

春原 昭彦(上智大)

随想

 狩りガール 

児玉 洋子(日本農業)

移住を願い「縁は一生」

福丸 泰文(山陰中央)

電子版サービスに向けて 

古田恵一郎(愛媛)


データ&リサーチ 各紙の購読料一覧(2014年4月1日)

ブックレビュー 

新聞日誌(2014年3月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ