1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2015年1月号(No.762)

『新聞研究』目次 2015年1月号(No.762)

 新聞の信頼回復に向けて

ジャーナリズムの基盤は読者の信頼──「自律性」が生む落とし穴に注意を

曽我部真裕(京大)

出発点は「存在意義」を語ること── 社会の公器という原点に戻って

岡田 憲治(専修大)

紙面以外の場でもアピールを── 若者にとっての「信頼失墜」の中身

前島  恵(「Credo」編集長)

罪を論じる者にどう向き合うか── ネットユーザーのマスメディア不信

村上 裕一(批評家)

 国と地方の関係を考える 

県民目線で国・県に提言するために── 福島県知事選から

小野 広司(福島民友)

見限られた「補償型基地維持施策」── 沖縄県知事選から

松元  剛(琉球) 

問い直したい分権改革の「原点」── 愛媛県知事選から

西山 秀和(愛媛)

取材現場からみた「地方創生」── 自治体に響かない政府の発想

宇野 一征(北海道)


〈シンポジウム〉
報道とつくる「知」の空間── 人口減少社会とデジタル時代に考える

増田 寛也(日本創成会議)/杉本 誠司(ニワンゴ)
阿刀田 高(作家)/香山 リカ(精神科医)
小川  一(毎日東京=進行役)

統一ドイツの今を取材して── ベルリンの壁崩壊から四半世紀

宮下日出男(産経)

災害と生きる覚悟── 阪神・淡路大震災から20年

長沼 隆之(神戸)

〔メディアスコープ〕 「新聞5紙」ハッカソンを開催── 共通課題のもと各社が協力

野澤  博(朝日)

連 載 

〔世界メディア事情〕(米国) デジタルシフトを急加速── 転換点に立つニューヨーク・タイムズ 

津山 恵子(在米ジャーナリスト) 

〔ザ・ショット〕 サーキットの緊迫感とらえる── 国際大会で受けた刺激 

小川 貴広(下野)

〔わが支局 わが日々〕(岩手日報・陸前高田支局) それぞれの再建へ

 斎藤  孟 

〔ようこそニュースパークへ 82〕 主張する写真 

春原 昭彦(上智大)

〔特派員の日常から〕(ワシントン) 銃撃テロの傷深く── カナダ連邦議会乱射事件を取材して 

斉場 保伸(中日・東京) 

〔前線記者〕 十数年の事前準備がようやく実る── ノーベル物理学賞決定を取材して 

矢田 諭史(徳島)

随 想

北陸新幹線の生かし方 

澤木 範久(北陸中日)

特別な春 

佐藤 政昭(大分合同) 

「おとな」 

三輪保太郎(中京テレビ)


ブックレビュー 

新聞日誌(2014年11月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ