1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 記者の指南で新鮮な1枚 ニュースパークで親子写真教室

記者の指南で新鮮な1枚 ニュースパークで親子写真教室

 ニュースパーク(新聞博物館)は3月21日、親子向け写真教室を開いた。企画展「2018年報道写真展」に合わせた。参加者は東京・笠原和則記者の講義を受けた後、横浜港に面した象の鼻パークで撮影に臨んだ。「キングの塔」と呼ばれる神奈川県庁の本庁舎を写した横浜市の小学6年・波戸岡陸さんは笠原氏の助言を聞いて「脇を締めて撮ることを意識した」と振り返った。

 笠原記者は「人の視野は横長なのでカメラを縦に持つと新鮮に写る」と参加者にこつを伝えた。しゃがんでカメラを構え、普段より下の視点から撮る手法なども教えた。

 撮影後はニュースパークに戻り写真入りの記念新聞を作った。波戸岡さんの母・有貴子さんは「生き生きしていて楽しそうだった。プロから撮影のこつを聞いたので、次にカメラを持つときにより楽しく撮れそう」と語った。読売東京・高橋美帆記者と東京写真記者協会・渡辺幹夫事務局長も講師を務めた。10家族24人が参加した。

ページの先頭へ