表彰事業

新聞協会は次のような表彰事業を実施しています。

新聞文化賞

「長年にわたって新聞界の発展に尽くし新聞文化の向上に貢献した功労者」を顕彰するため1951年に設けられました。
10月に開かれる新聞大会で贈賞されます。

新聞協会賞

新聞(通信・放送を含む)全体の信用と権威を高める活動を促進するため1957年に設けられました。
編集、技術、経営・業務の3部門で顕著な功績をあげた新聞人に、新聞大会で賞状と金メダルが贈られます。

新聞広告賞

新聞広告の可能性を開拓した広告活動を顕彰し、新聞と広告の発展に資するため1981年に設けられました。広告主部門と新聞社企画部門の2部門があります。新聞紙上で優れた広告活動を展開し、顕著な功績をあげた広告人、新聞人に贈られます。

日本新聞協会 地域貢献大賞

新聞販売所の貢献活動を周知し、信頼向上、イメージアップを図るとともに、地域に密着した活動を奨励することで、販売所の地域社会の一員としての自覚と法令順守意識を高めることを目的に2007年に設けられました。

日本全国の新聞販売所、新聞販売同業者組合などが実施している地域貢献活動が対象です。

新聞技術関連の賞

技術開発賞・技術開発奨励賞

技術開発賞は、新たな新聞製作技術の開発に貢献したメーカーに対し、実用化への促進奨励とその開発努力に対して新聞協会理事会が表彰しています。

技術開発奨励賞は、周辺装置を含む小型の技術開発を促進するため、技術開発賞には値しないが優秀と認められた製作機器・システムを技術委員会が表彰しています。

新聞製作技術展(JANPS)で展示された新聞製作機器・システムが選考対象です。1995年に現在の表彰制度が整備されました。

技術委員会賞

新聞社製作部門の技術の向上、改善を促進する目的で、技術委員会が表彰しています。新聞協会加盟社の社員が『新聞技術』誌上に公表した技術開発が対象です。

1964年創設の新聞技術賞(旧・新聞印刷技術賞、旧・工務委員会が表彰、1988年改称)と1967年創設の報道通信技術賞(旧・電気通信委員会が表彰)を一本化して1994年に創設されました。

ページの先頭へ