1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究
  4. 平成27年度新聞協会賞/戦後70年の文化

平成27年度新聞協会賞/戦後70年の文化

平成27年度新聞協会賞 

新聞協会賞受賞者一覧

編集部門

群馬大学病院での腹腔鏡手術をめぐる一連の特報

 医療事故報道をあきらめない

高梨ゆき子(読売東京)

御嶽山噴火「火山灰の中に生存者」のスクープ写真

 超望遠で捉えた噴火の現実

大山 文兄(産経東京)

御嶽山噴火災害の一連の報道と連載企画「火山と生きる 検証・御嶽山噴火」を中心とするキャンペーン

 悲しみを教訓につなげる

松井 慎央(信濃毎日)

NHKスペシャル「沖縄戦 全記録」

 70年前の戦争を若い世代に伝える

中村 直文、吉田 好克(NHK)

技術部門

新聞用完全無処理CTPプレートの開発と実用化~環境対応型CTPプレートの最終形を目指して~

 業界全体への広がり願う

坂本 剛志(読売東京)

経営・業務部門

117KOBEぼうさいマスタープロジェクト

 地域と一緒に課題解決へ

皆川 広一(神戸)

新聞協会賞選考経過

 選考を終えて

小泉 敬太(「編集部門」選考分科会委員長/毎日)
三宅 直人(「技術部門」選考分科会委員長/毎日) 

〔新聞協会賞応募作品一覧〕


第35回新聞広告賞受賞作品

戦後70年の文化

戦争めぐる文学作品が出そろう──作家が見いだした必然性 

内藤麻里子(毎日東京)

深化する宗教界の平和活動──メディアからのまなざしに大きな課題

西出 勇志(共同)

したたかで、のらりくらり──「禁演落語」を復活させた落語界

長井 好弘(読売東京)


参院選「合区」に地元の憤り伝える──「徳島対高知」の構図を懸念

河野 隆富(徳島)

メダル至上の成果主義がもたらす危険──スポーツ庁設置の背景と報道の役割

小坂  大(毎日東京)

連  載

〔困ったことば〕 後ろ倒し──「官庁俗語」の落とし穴

石山 俊彦(共同)

〔ザ・ショット〕 緊迫の現場、迷いつつ──住宅街で墜落事故の惨事

嶋田 達也(朝日東京)

〔わが支局 わが日々〕(宮崎日日・小林支局) チョウザメのまちへ

新坂 英伸

〔世界メディア事情・中国〕 経済報道の規制強まる──中国メディア自身に課題も

早川  真(共同)

〔特派員の日常から〕(ユジノサハリンスク)北方領土の最前線から──ロシア化進む四島に目をこらし

栗田 直樹(北海道)

〔大震災を風化させないために〕(第21回)現地の今を届けたい──続ける東北被災地への自社記者派遣

小林 祐己(十勝毎日)

〔前線記者〕 7人死傷の電気柵感電事故──背景に深刻な耕作物被害

坂本 昌信(静岡)

随想

伝統の庄内竿と武士の気風

青塚  晃(山形)

キビ(甘蔗)と台風と宮古島

平良 幹雄(宮古毎日)

花めぐりのすゝめ

中村  博(東京メトロポリタンテレビ)


ブック・レビュー
新聞日誌(2015年8月)

定価840円(税込み、送料別)

ページの先頭へ