1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2018年3月号(No.800)

『新聞研究』目次 2018年3月号(No.800)

記者読本2018

〈記者となる君へ〉

「これ、おかしくないか」を大切に──社会の問題を発見し世に問える仕事

長谷部 剛(日経)

思い込み排した取材で真実見極める──忘れられない言葉を伝える

平尾 武史(読売)

事実だけにこだわって──新聞に求められる「伝わる文章」とは

萩  文明(中日)

ひずみを直視し共生の道を探る──疑問を深掘りした「新 移民時代」から

古川  努(西日本)

地方の視点で国を変える──「Lの時代」の地域ジャーナリズム

岡山 一郎(山陽)

長期的視点で「震災前報道」追求──社の枠超えた連携が必要

鈴木 誠之(静岡)

古きに学ぶだけでない新時代の記者に──デジタルネーティブにも届く情報発信を

金井 啓子(近畿大)

民主主義を支える二つの「網」──ともに未来を築こう

増井 一実(新聞協会・販売委員会委員長/朝日)

無限に広がる新聞ビジネス──記事も広告も信頼性が重要に

納 幸一郎(新聞協会・広告委員会委員長/産経)

〈資料〉データでみる新聞経営の動向

編集部

〈先輩記者から〉

〈政治〉「過疎の叫び」に耳傾けて

森本 敦士(高知)

〈経済〉地域から世界を見る

今井 崇雄(デーリー東北)

〈社会〉「書きたい」瞬間に出合う

中川かおり(信濃毎日)

〈文化・くらし〉感動する心を育む

原田 隆博(佐賀)

〈皇室〉日本の歴史に光を当てる

伊藤弘一郎(産経)

〈運動〉真剣に取材対象と向き合う

高山 知昭(下野)

〈写真〉一瞬切り取る爪を磨こう

高橋 洋史(中国)

〈整理〉悩んだときの見出しノート

大林 陽一(山陰中央)

〈デジタル〉地域言論の灯守るために

牧野 昌智(神奈川)

800号記念──新聞の将来像を考える

壁を乗り越え新しい景色に──デジタル革命へ、毎日新聞の取り組み

小川  一(毎日)

「地方紙と戦争」のリアル──何を得てどこへ向かうのか

森沢 真理(新潟)

スローニュースへ軸足を移せ──新聞の信頼回復のために

徳山 喜雄(ジャーナリスト/立正大)

慶應SFC講座『2050年のメディア』を開く理由──10年で1千万部を失った新聞がやるべきこと

下山  進(文藝春秋)

「空飛ぶ三脚」が開く新たな地平──ドローンを活用した写真報道の未来

小室 泰規(北海道)

連 載

〔前線記者〕 四国未発生から見えた課題──さぬき市の鳥インフルエンザを取材して

中西賢一郎(四国)

〔世界メディア事情・英国〕 小型化する英ガーディアン──その評価と紙媒体の将来

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

〔ザ・ショット〕 高齢運転者の人身事故──位置関係意識し衝撃伝える

大森未穂菜(上毛)

〔特派員の日常から〕 銃社会米国が抱える矛盾──58人死亡、ラスベガス銃乱射事件の余波

国吉 伸洋(テレビ朝日・ロサンゼルス支局)

〔〝先生〟体験から考える〕 新聞とのすてきな出会いを──先生との連携を通じて

井上 雅史(徳島)

〔困ったことば〕 速攻──「ちゃっちゃと片付ける」ときは?

小橋 竹士(日刊スポーツ)

〔わが支局 わが日々〕 原発に揺れるイモの村

斉藤 明成(茨城・ひたちなか支局)

随想

パンダの町「白浜」

川本 敦史(紀伊民報)

25年分のごめんなさい

内田 英憲(日本農業)

BS11の強み

鈴木 達郎(日本BS放送)


データ&リサーチ 第54回全国新聞販売所従業員総数調査(2017年)

ブックレビュー

新聞日誌(2018年1月)

定価864円(税込み、送料別)
年間購読料10,368円(税込み、送料別)

ページの先頭へ