1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2018年7月号(No.804)

『新聞研究』目次 2018年7月号(No.804)

セクハラ問題とメディア

「守られない記者」と報道の自由──求められる三つの不足からの脱出

竹信三恵子(和光大/ジャーナリスト)

アンケートから記者の叫びが聞こえる──根絶に向けての第一歩は自分の周囲から

本橋 由紀(毎日)

ハラスメントは重大な人権侵害──働きやすい職場環境への取り組み

笠間亜紀子(読売)

わがこととして悩み、伝える──女性管理職の視点から見た財務次官問題

増田恵美子/稲葉 千寿(東京)

報道各社の体制改善し環境を整えよ──「書いてほしい」と思われる記者になるために

上谷さくら(弁護士)

男性中心組織がはらむ構造的ハラスメント──行政・メディア・大学の三権力機構から

諸橋 泰樹(フェリス女学院大)

取材時のコンプライアンスの確立を──ドイツから財務次官の記者セクハラ問題を考える

熊谷  徹(在独ジャーナリスト)

〈資料〉財務事務次官の記者へのセクハラ問題の経過

海賊版サイトへのブロッキングを巡って

功の部分含め正しい総括が必要──第2、第3の「漫画村」対策へ課題整理を

岩田 智博(朝日)

オープンな場で筋の通った検討を──ブロッキングの法的な問題点

曽我部真裕(京大)

〝いまそこにある危機〟脱出へ──海賊版根絶に向けた出版界の取り組み

塩見  健(出版広報センター)


災害報道から見るメディアの課題──報告書『トップが語る3・11報道』を編集して 

林  香里(災害と報道研究会/東大)

連 載

〔ウチナーンチュが見た米国②〕 「#MeToo」の先に見据えること──ペンは権力構造に切り込めるか

座波 幸代(琉球)

〔特派員の日常から〕 ノーベル文学賞を覆う暗い影──スウェーデン・アカデミーのセクハラ疑惑

立石  修(フジテレビ・ロンドン支局)

〔ザ・ショット〕 迷路で描く復興への道のり──リモートスイッチで捉えた笑顔

木村 泰之(日本農業)

〔世界メディア事情・英国〕 地道な取材で放ったスクープ──フェイスブック窮地、英内相辞任につながる

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

〔前線記者〕 違和感ぬぐえぬ刑務所・法務省の対応──愛媛・広島の受刑者逃走事件を取材して

二宮京太郎(愛媛)

〔〝先生〟体験から考える〕 きっかけづくりの大切さ──若年層との接点を増やす挑戦は続く

保坂 真吾(山梨日日)

〔わが支局 わが日々〕 「地震前」を取り戻す

岡本 幸浩(熊本日日・阿蘇総局)

〔困ったことば〕 べき・べきだ──日本語界の変わり者?

飯田 康雄(日経)

随想

火・木・土曜はジム通い

出浦 孝輝(福井)

意志薄弱

渡邊  智(陸奥)

テニス100年ロマン

山形真一郎(テレビ大阪)


ブックレビュー  

新聞日誌(2018年5月)

定価864円(税込み、送料別)
年間購読料10,368円(税込み、送料別)

ページの先頭へ