1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究
  4. 沖縄県民投票が投げ掛けたもの

沖縄県民投票が投げ掛けたもの

沖縄県民投票が投げ掛けたもの

読者に考えてもらう紙面作り──賛否双方の主張を丁寧に取り上げる

松堂 秀樹(琉球)

分断を乗り越えようとする若者──「みんなで議論して決める」意識した報道

鈴木  実(沖タイ)

本土が受け止めるべき重い民意──知恵を絞って無力感に打ち勝つ

伊東  聖(朝日)

議論する機会となりえたか──とらわれ過ぎた「実現するか否か」

新里 啓一(琉球放送)

次の段階に進む重要な契機に──情報のフローなくば住民投票に意義なし

西尾  隆(国際基督教大)

「島全体で答えを」の潮流生む──石垣市の住民投票を巡って

比嘉 盛友(八重山毎日)


希望的観測と現実の乖離を探る──地元紙から見た北方領土交渉

小林 宏彰(北海道)

動画への注力で広告収入を確保──米国研修で見たデジタル時代の新聞社像

勅使河原 奨治(河北)

家庭通信社52年の存在と役割──日本の〝暮らし〟の変遷映す家庭欄

関根 由子(元家庭通信社)

情報と新聞 多面的に伝える──新聞博物館が歴史展示を拡充

新聞協会 博物館事業部

9割以上が新聞発の情報に接触──「2018年新聞オーディエンス調査」から

新聞協会 広告部

連 載

〔ザ・ショット〕 変装しても隠せない眼光──大型脚立と超望遠レンズを駆使

手塚耕一郎(毎日)

〔世界メディア事情・米国〕 リストラ進むメディア──デジタル購読が新たな収入源に

津山 恵子(在米ジャーナリスト)

〔わが支局 わが日々〕 レトロな街並み守る

杉山  諭(静岡・下田支局)

〔前線記者〕 誰が子どもを救うのか──野田市小4女児虐待事件を取材して

花村 愛弓(千葉)

〔特派員の日常から〕 レッサ氏逮捕でメディアに圧力──フィリピン・ドゥテルテ大統領の強権政治

遠藤  淳(日経・マニラ支局)

〔〝先生〟体験から考える〕 郷土愛醸成と学力向上目指す──出前授業講師からの報告書を全記者で共有

保科 裕之(山形)

〔メディアスコープ〕 NHKの肥大化に懸念──ネット常時配信を含む法改正案が国会提出

編集部

広がる取材制限の網──ドローン飛行禁止法案が衆院を通過

編集部

随想

「観光公害」をたどる

大西 祐資(京都)

紙と電子のはざまで

久武 靖彦(高知)

カメラ

坂本  隆(日本雑誌協会)


ブックレビュー

新聞日誌(2019年3月)

定価840円(税込み、送料別)

ページの先頭へ