1. トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究
  4. 記者読本2020

記者読本2020

記者読本2020

記者となる君へ〉

全人格が試される記者という仕事──柔らかな発想で変化を楽しもう

中村 史郎(朝日)

〈取材〉「すぐれた取材」問い続ける──正解なきケースバイケースの世界で

澤  康臣(共同)

〈調査報道〉独自情報入手し冤罪立証──連載「西山美香さんの手紙」から

秦   融(中日)

〈災害報道〉命を守るために、伝えるべきこと──市民が「わがこと」として行動する契機に

長沼 隆之(神戸)

〈文章〉筆力への思いを持ち続ける──力を伸ばす負荷が足りない時代に

清水 純一(読売)

〈デジタル時代のジャーナリズム〉データの海に宝、愚直な検証で発掘──「ローテク記者」からのメッセージ

鷺森  弘(日経)

〈伝えること〉「点」では終わらない仕事──声を発しなければ変化を生み出せない

安田菜津紀(NPO法人Dialogue for People/フォトジャーナリスト)

〈販売〉戸別配達制が支える新聞の信頼──知的インフラの要は全国の販売所

荒谷 晴久(新聞協会・販売委員会委員長/毎日)

〈広告〉明日のメディアをともに支えよう──日々変化する広告表現

牧埜 敦司(新聞協会・広告委員会委員長/毎日)

〈資料〉データでみる新聞経営の動向(編集部)

先輩記者から〉

〈政治〉「道民目線」の取材貫く

竹中 達哉(北海道)

〈経済〉持ち場に縛られず視野広く

布谷 真基(西日本)

〈社会〉「私の直感」を推進力に

石塚 健悟(秋田魁)

〈運動〉名刺が通用しない現場

田中  充(産経)

〈写真〉読者に向けて表現する力

秋月  悠(徳島)


2019年メディア関係判例回顧

摘示事実の認定が判断に影響──著作権侵害訴訟にも注目集まる

曽我部真裕(京大)

情報社会のルール形成の模索──国際的に広がる「共同規制」の考え方とメディア

生貝 直人(東洋大)

NSK経営リポート 

〈新聞社で働くこと──労務部門から新人へ〉

やりがいある職場が競争力生む──報道各社の労務環境と働き方改革

銀木  晃(日経)

新時代の記者の働き方──柔軟な仕事、育児や介護との両立は可能

金谷 明彦(中国)


熊日新聞塾で引き継ぐ「記者魂」──理想の研修への模索

森  嘉男(熊本日日)

安全重視でかつてない対応に踏み切る──台風19号での新聞の輸送・配達

山辺信太郎(朝日)

〔NIBの方策と進路〕 地域の広報力強化に貢献したい──増える自治体などからの依頼

澤畑 和宏(茨城)

連 載

〔ザ・ショット〕 五輪に沸く東京の夜明け──地方との対比描く視点から

佐藤 将志(新潟)

〔特派員の日常から〕 ロシア、ドーピングの深い闇──読み取れないキーマンの真意

長谷川由宇(テレビ朝日・モスクワ支局)

〔前線記者〕 「理想論」を堂々と掲げる勇気──ローマ教皇の長崎訪問を取材して

田賀農謙龍(長崎)

〔世界メディア事情・英国〕 電子版新聞もゼロ税率の対象──定期更新と随時更新で判断に違い

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

〔わが支局 わが日々〕 世界に誇る鋼と美術館

渡部  豪(山陰中央・安来支局)

随想

紙齢5万号に想う

西川  新(山梨日日)

「麒麟」はくるか

青木 政浩(岐阜)

「黒ヂョカ」の笑い

光安 善樹(南日本)


〔メディアスコープ〕 フェイク対策に慎重さ要求──総務省研究会の報告書案に新聞協会が意見

〔データ&リサーチ〕 第56回全国新聞販売所従業員総数調査(2019年)

ブックレビュー

前号の訂正

新聞日誌(2019年12月、20年1月)

定価800円(税・送料別)

ページの先頭へ