1. トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究
  4. 新型コロナウイルスと報道 第1回/オウム・地下鉄サリン事件から25年

新型コロナウイルスと報道 第1回/オウム・地下鉄サリン事件から25年

新型コロナウイルスと報道 第1回

不安あおらず「こわさ」伝える──取材網生かし後世の検証に耐えうる記事を

滝田 恭子(読売)

孤立無援の状況を脱するために──改正特措法下でジャーナリズムが果たすべき役割

武田  徹(ジャーナリスト/専修大)

一変した取材風景、模索続く──首相官邸記者クラブからの現場報告

西垣雄一郎(時事)

「マスク不要」対策遅れた武漢──中国政府の都市封鎖6日前に現地取材

早川  真(共同)

クルーズ船隔離から得た教訓──後手に回った政府の対応を地元紙はどう見たか

三木  崇(神奈川)

オウム・地下鉄サリン事件から25年 

解明された事実共有する仕組みを──取材を継続し風化を防ぐ

瀬口 晴義(東京)

被害者にとって不可欠な報道とは──実像を伝えて歩みを支える

河原 理子(ジャーナリスト/東大)

若者と「カルト」の問題を解くカギ──予防啓発でメディアの果たす役割

太刀掛俊之(大阪大)


被災者の氏名公表の現状と課題──防災相、知事への要望書提出の経緯

髙野 真純(新聞協会・人権・個人情報問題検討会/日経)

〈資料〉災害発生時における被災者情報の報道発表に関する要望(2020年3月11日)

厳しさ増す巨大イベントの行く末──東京五輪・パラリンピック延期をどう報じたか

小坂  大(毎日)

災害取材映像は誰のものか──阪神淡路大震災 取材映像アーカイブ公開の道程

木戸 崇之(朝日放送)

【経営リポート】日経電子版創刊10年の変化と展望──伝統的ジャーナリズムと先進技術を融合

山崎 浩志(日経)

連 載

〔ザ・ショット〕 希望の列車を焼き付ける──目視ができないなか車輪音に集中

吉田 義広(福島民友)

〔ヘイトスピーチ問題を考える③〕 出版の変革で明るい本の未来を──ヘイト本が象徴する流通システムの問題

永江  朗(ライター)

〔特派員の日常から〕 コロナ禍が変えるリーダー像──米ニューヨークの大統領選

萩原  豊(TBSテレビ・ニューヨーク支局)

〔〝先生〟体験から考える〕 いいことだらけの出前講座──漢那萌さんとのすてきな出会い

関戸  塩(琉球)

〔前線記者〕 接戦を制すも課題は山積──最年少女性市長が誕生した徳島市長選を取材して

冨士 佳輝(徳島)

〔メディアスコープ〕 公共放送の独立巡り議論──かんぽ不正報道で経営委が会長を厳重注意

原   真(共同)

〔わが支局 わが日々〕 地名を手がかりに

森  克洋(奈良・五條・吉野支局)

随想

東京ぼん太

今野 俊宏(河北)

距離感を思う春

町田 明久(下野)

「新聞がない」

松岡 和也(高知)


ブックレビュー

欧米メディア動向(2020年3~4月)

新聞日誌(2020年4月)

定価800円(税・送料別)

ページの先頭へ