1. トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究
  4. 新型コロナウイルスと報道 第2回

新型コロナウイルスと報道 第2回

新型コロナウイルスと報道 第2回

メディアに課せられた二つの検証──戦後、災後、コロナ禍後を描く使命

橋詰 邦弘(共同)

長期戦見据え慎重な伝え方を──求められる医療の枠を超えた報道

田中 泰義(毎日)

放送の常識を変える転機に──前例のない事態に対応したテレビ報道の現場

堀部 敏男(NHK)

地図のない紙面作りで見た未来像──イベント自粛のなかスポーツ紙にできること

山本  理(報知)

メディアはデマとどう向き合うか──民主主義強化のため積極的なファクトチェックを

瀬川 至朗(早大)

地域の状況

〈東京〉筋書きなき小池劇場を追う

原  昌志(東京)

〈大阪〉府を司令塔に独自策を展開

清宮 真一(産経大阪)

〈北海道〉感染拡大があぶり出した社会の弱点

今川 勝照(北海道)


新聞社自ら格差是正に取り組む意味──ジェンダー平等宣言は何を目指すか

井原 圭子(朝日)

〈インタビュー〉オンライン取材の実践と課題──リモートワークで変わるニュースルームの形

井上 直樹(グーグルニュースラボ)

【経営リポート】青少年のSNSトラブルを防ぐ──事業者によるリテラシー教育と連携の深まり

江口 清貴(LINE/ソーシャルメディア利用環境整備機構)

【経営リポート】5Gが変革する報道の未来──記者の個性を表現する場が格段に広がる

安島 博之(博報堂DYメディアパートナーズ)

デジタル展開の鍵握るデザイン──「一目瞭然」を原点に進化する表現

田邉 貞宏(朝日)

連 載

〔ザ・ショット〕 疫病退散へ遠隔祈願──一隅照らす真摯な姿を捉える

杉浦 崇仁(下野)

〔ヘイトスピーチ問題を考える④〕 ネット時代の人権・同和教育──高校生による差別本メルカリ販売を取材して

山本 礼史(佐賀)

〔世界メディア事情・英国〕 個人の顔が見える新型コロナ報道──感染者・医療従事者への差別を防ぐ

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

〔特派員の日常から〕 肥大する防疫大国の自尊心──韓国・2週間の自宅隔離体験記

渡邊 康弘(フジテレビ・ソウル支局)

〔"先生"体験から考える〕 若者が絶えない投書欄の力──社会とつながる自覚を養う出前授業

渡部 育夫(福島民報)

〔前線記者〕 107人の命を語り継ぐ──尼崎JR脱線事故15年を取材して

前川 茂之(神戸)

〔わが支局 わが日々〕 映画のまちをかける

持田 謙二(中国・尾道支局)

随想

勝負はこれから

木村 和彦(デーリー東北)

愚直な旗

大塚 清一郎(新潟)

「デジタルから来ました」

円城 得之(京都)


ブックレビュー

新聞日誌(2020年5月)

定価800円(税・送料別)

ページの先頭へ