1. トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究
  4. 新型コロナウイルスと報道 第3回

新型コロナウイルスと報道 第3回

新型コロナウイルスと報道 第3回

安心材料こそ求められる慎重さ──早くも感染再拡大でメディアも正念場

石田  勲(朝日)

迷走した政府対応の背景を探る──パワーバランスの変化の先に何があるか

松浦 基明(共同)

異質な経済危機、定跡外に解探る──新種の「特ダネ」、チームで追う

藤井 一明(日経)

長期休校の継続的な検証を──学校のあり方と役割を問い直す契機に

古沢由紀子(読売)

多用されるカタカナ語を正確に──登場頻度や認知度に応じて柔軟な対応を

島田  耕(産経)

地域経済の視点

〈愛知〉製造業の中枢に激震

福田  要(中日)

〈宮城〉震災10年目の衝撃 問われる復興

村上 浩康(河北)

差別・偏見防ぐため専門家と議論──新聞協会と民放連が共同声明を発表

砂間 裕之(新聞協会・編集委員会代表幹事/毎日)

対話を通じ共通目標の模索を──専門家会議での記者会見を振り返る

武藤 香織(東大)

新型コロナウイルスをめぐる主な動き/新聞協会・民放連の共同声明全文

編集部


安心・透明・独立が信頼向上のカギ──社会調査研究センターの目指す革新

平田 崇浩(毎日)

表現の自由の保障切り下げを危惧──ネットでの誹謗中傷を巡るSNS規制の論点

森  亮二(弁護士)

【経営リポート】閲読心理こそが新聞広告の価値──コロナ禍がもたらす影響と今後

坂井 直樹(日経広告研究所)

【経営リポート】永続的な古紙リサイクル実現へ──クローズド・ループでSDGsにも貢献

井上 雄貴(読売)

連 載

〔ザ・ショット〕 開聞岳に有終のアーチ──満天の星 372秒の一発勝負

木下 瑛司(南日本)

【新連載】デジタル時代の新聞の公共性研究会(1)〕

メディアと政治・経済・社会との関係の変化

遠藤  薫(学習院大)

間メディア社会の実像

齊藤 信宏(毎日)

〔ヘイトスピーチ問題を考える⑤〕 アイヌの誇り尊重し共生社会を──差別はステレオタイプな偏見や無関心の発露

斉藤 千絵(北海道)

〔世界メディア事情・米国〕 新型コロナが広げるニュース砂漠──コミュニティーを支える地方紙の廃刊が加速

津山 恵子(在米ジャーナリスト)

〔わが支局 わが日々〕 三陸の復活と共に

刈谷 洋文(岩手日報・宮古支局)

〔特派員の日常から〕 ブラジル「飢餓か感染か」──感染者数上昇するも経済活動を再開

小宮 智可(NHK・サンパウロ支局)

〔〝先生〟体験から考える〕 社会を見るための「窓」を開く──元中学校教員の経験を授業にどう生かすか

多久島文樹(佐賀)

〔前線記者〕 新型コロナで「小池劇場」再演──現職圧勝の東京都知事選を取材して

斉藤  大(時事)

随想

「エール」と「東京五輪」

菅野  篤(福島民友)

地方紙の記者冥利

森 耕一郎(宮崎日日)

プロ選手並みの健康管理?

野口 雄史(テレビ東京)


ブックレビュー

欧米メディア動向(2020年5~6月)

新聞日誌(2020年6月)

定価800円(税・送料別)

ページの先頭へ