1. トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究
  4. 「マス」メディアのこれから/賭けマージャン問題が抱える論点

「マス」メディアのこれから/賭けマージャン問題が抱える論点

「マス」メディアのこれから

新聞社の「価値」捉え直しを──〈サービス〉の概念でビジネスドメインを転換せよ

高広 伯彦(スケダチ/社会情報大院)

読者分析で生まれる事業のヒント──3手法を活用したBtoB専門メディアの実践

安成 蓉子(MarkeZine)

態度変容を起こすメディアの役割──変化した生活者の実態を捉える

吉田 正寛(ビデオリサーチ)

マスに固執せず信頼性に活路を──分断された社会でメディアはどうあるべきか

辻  大介(大阪大)

賭けマージャン問題が抱える論点

表現によって完結する記者の使命──何を読者に届けたか

佐々木 央(共同)

ボーイズクラブ構造の解体を──「抱きつき取材」の弊害とセクハラ事件との共通点

林  美子(ジャーナリスト)


犠牲を無駄にしないために──熊本豪雨の遺族取材で問われた報道側の覚悟

亀井 宏二(熊本日日)

【経営リポート】ネット空間での媒体価値向上を──28社がコンテンツメディアコンソーシアム結成

長澤 秀行(BI.Garage)

【経営リポート】非常時に信頼された新聞メディア──「新型コロナウイルスとメディア接触・信頼度調査」から

新井 紀子(新聞協会・広告委員会マーケティング戦略チーム/朝日)


第40回新聞広告賞受賞活動

新聞社の総合力生かす活動そろう──コロナ禍で伝える企業メッセージ

新聞協会広告担当

記者の意識改革の施策に進捗──新聞協会「情報サービス現況調査」結果から

新聞協会デジタルメディア担当

連 載

〔わが支局 わが日々〕 沿線の光と影を追う

綿引 正雄(茨城・土浦・つくば支社)

〔ヘイトスピーチ問題を考える⑥〈最終回〉〕 共存社会の作法の共有を──コロナ禍で再認識した表現の価値

志田 陽子(武蔵野美術大)

〔ザ・ショット〕 都会の真ん中で大捕物──躍動感あふれる姿が話題に

須賀川 理(毎日)

〔デジタル時代の新聞の公共性研究会(2)〕

〈基調報告 2020年7月22日〉メディア環境の変化と生活者の情報行動  

新美 妙子(博報堂DYMP)

プロ化する「生活者」

渡辺  勉(朝日)

〔前線記者〕 将棋文化の豊かさを発信──高校生の快挙、藤井聡太二冠を取材して

岡村 淳司(中日)

随想

「道ジュネー」のない夏

森田美奈子(沖タイ)

悩みながらの伴走 

遠藤 哲也(毎日)

古希を迎えた紙の博物館

東   剛(紙の博物館)


ブックレビュー

欧米メディア動向(20年7~8月)

新聞日誌(20年7~8月)

定価800円(税・送料別)

ページの先頭へ