1. トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究
  4. 記者読本2021──新人記者に向けて(2021年3月号)

記者読本2021──新人記者に向けて(2021年3月号)

記者読本2021──新人記者に向けて

コロナ禍だからこその新聞の意義──逆風に負けずひたすら事実追う覚悟を

井口 文彦(産経)

〈取材〉オンラインの活用とその限界──コロナ下での取材から考える

恒次  徹(読売)

〈文章〉簡潔さと言い換える力──伝わる文章を書くために

嵯峨 仁朗(北海道)

〈実名〉取材対象と向き合うことが出発点──自然と名前を語れる社会を目指して

西川 圭介(朝日)

〈課題解決型報道〉JODから見える記者の在り方──市民との関係を結びなおす装置として

福間 慎一(西日本)

〈ファクトチェック〉横の連携で偽・誤情報に対抗──世界各国の記者が取り組む事実検証の手法

日下部 聡(毎日)

〈調査報道〉知ろうとしないことは罪──思い込みを捨て事実に迫る

清水  潔(日本テレビ)

〈販売〉ラストワンマイルを担う──明日を生きようとする力届ける配達員

佐熊 龍治(新聞協会・販売委員会委員長/日経)

〈広告〉VUCA時代で新聞が再評価──企業コミュニケーションの変化も追い風

牧江 邦幸(新聞協会・広告委員会委員長/日経)

〈資料〉データでみる新聞経営の動向(編集部)

〈先輩記者から〉

〈調査報道〉女性の目線で手繰り寄せる

品川 絵里、鎌田 理沙(共同)

〈地方と中央〉現場は地方にこそある

浜崎 達朗(高知)

〈歴史の記録〉地域の過去に問い掛ける

斉藤 弘伸(上毛)

〈コロナ禍〉読者の代表として疑問解く

石川 雅浩(北日本)

〈運動〉信頼される喜び

矢野 匡洋(中国)

〈写真〉読者の心に響く一枚を

浅井  慶(中日)


2020年メディア関係判例回顧

争われたリツイートの意味──SNSでの権利侵害の要件とは

曽我部真裕(京大)

書くことと真剣に向き合う──教育プログラム「記者トレ」の可能性

井藤  元(東京理科大)

【経営リポート】宮日SDGs宣言を発表──取り組み通じ地域の未来築く

杉尾  守(宮崎日日)

連 載

〔ザ・ショット〕 風雪やむ瞬間をドローンで狙う──バッテリー温め稼いだ飛行時間

杉本 哲大(福井)

〔〝先生〟体験から考える(最終回)〕 新聞の価値を記者の言葉で──真実より感情が優先する時代に

関口 修司(新聞協会)

〔世界メディア事情・英国〕 コロナ下で世界の声に触れる──オンラインイベントやポッドキャストが盛況

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

〔わが支局 わが日々〕 子育て支援で人気の地

佐藤 章史(大分合同・豊後高田支局)

〔前線記者〕 ファンの支持得て完走も課題散見──コロナ禍の大相撲初場所を取材して

大渕 英輔(スポニチ)

〔デジタル時代の新聞の公共性研究会(5)〕

〈基調報告 2021年1月13日〉表現の自由の理論がデジタル社会で直面する課題

鈴木 秀美(慶大)

偽情報対策とプラットフォーム規制

宍戸 常寿(東大)

知る権利を守る意義

石川 正宏(河北)

随想

あり得ないご褒美

佐藤  進(岩手日日)

中部経済界の閉塞感

坂本 和優(中部経済)

試練の先の未来

市村  元(「地方の時代」映像祭)


〔データ&リサーチ〕

①日刊紙の都道府県別発行部数と普及度(2020年)

②第57回全国新聞販売所従業員総数調査(2020年)

ブックレビュー

新聞日誌(2020年12月、21年1月)

定価990円(本体900円+税)

ページの先頭へ