全国メディア接触・評価調査

  1. HOME
  2. 新聞関連データ
  3. 全国メディア接触・評価調査

 全国の生活者を対象に、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネットの5メディアへの接触状況や利用、評価を尋ねています。多メディア時代におけるメディア接触の実態を把握するとともに、新聞や新聞広告が果たしている役割を確認することを目的としています。2001年から隔年で実施しています。
 本調査は、住民基本台帳から人口構成比に基づきサンプルを抽出、調査員が対象者の自宅を訪問する方式を採っています。そのため、調査結果はRDD方式の電話調査やインターネット調査より生活者の実態をより反映したものになっています。

調査概要

調査地域: 全国
調査対象: 15歳以上79歳以下の男女個人
※2009年までは15歳以上69歳以下の男女個人
標本抽出: 住民基本台帳からの層化2段無作為抽出
調査方法: 訪問留め置き法
調査主体: 日本新聞協会 広告委員会
実査・レターヘッド: 中央調査社

2015年全国メディア接触・評価調査

調査期間: 2015年11月18日(水)~12月13日(日)
サンプル数: 7,000
有効回収数(率): 3,845(54.9%)

〇報告書の各ページは、以下のインデックスからもご覧いただけます。

【トピックス/新聞の強み編】
社会性が高い新聞読者
就職活動で参考にするメディアは新聞
選挙で頼りになるメディアは新聞やテレビ
オリンピック・パラリンピックの情報源はテレビと新聞
【トピックス/新聞の読者編】
新聞だけじゃない!新聞読者
シニア層の生活スタイル、消費行動 / シニア層の心を動かす新聞広告
「孫への消費、贈与」を積極的に行う60代以上のアクティブシニア
自ら購読する若年層は幅広く情報摂取 人とのつながりも重視
インターネット利用者のメディア活用は二極化へ
<column>ブログやSNSで知ったニュースを「新聞記事」で確認する人は31.1%
【基礎データ/新聞・新聞広告編】
新聞を読む人は77.7%、2人に1人が関心分野の広告を見る
新聞は「知的である」、新聞広告は「情報が信頼できる」
新聞を読む理由は「世の中の動きを知るため」
世帯メディアとしての新聞/「戸別配達制度は必要だ」83.7%
長期購読が多い新聞読者/広告効果は掲載日以降も持続
電子版読者は20~50代が中心
学力アップへの期待と親子の会話が生まれる新聞活用
【基礎データ/メディア編】
メディア別接触頻度
メディア別一日あたりの接触時間
メディア別広告接触態度
メディアの印象・評価 / 広告の印象・評価
【総括】
新聞読む時間増えた人はより社会性が高い(慶應義塾大学商学部教授・清水聰)

〇速報版

2013年全国メディア接触・評価調査

調査期間: 2013年11月20日(水)~12月15日(日)
サンプル数: 7,000
有効回収数(率): 3,801(54.3%)

2013年全国メディア接触・評価調査

〇報告書の各ページは、以下のインデックスからご覧いただけます

【トピックス】
新聞を読む若い人はミーハーな“情報好き”?(4~5ページ)
「孫消費」と新聞の読み方から読み解く“イマドキのアクティブシニア”
 ―孫がいる人は「活動的」、いない人は「新しいもの好き」―
(6~7ページ)
「ナットクのお買いもの」を支えています―新聞広告(8~9ページ)
新聞は親子の対話ツール、読めば読むほど学力アップ効果も(10~11ページ)
[2013参院選]ネット選挙解禁でも…投票の判断材料はやっぱり「新聞」(12ページ)
【[調査データ]新聞編】
夕刊は“高レリバンシー”なメディア!?(14ページ)
就学、就職、結婚、退職…人生の節目で出会う新聞(15ページ)
[DATA]新聞を読む人は83.6%、閲読時間は朝刊26.1分、夕刊15.7分(16~17ページ)
[DATA]元祖キュレーションメディア、新聞(18~19ページ)
[DATA]新聞は家族の情報共有ツール/87.8%が新聞の戸別配達制度を支持(20ページ)
[DATA]「学生時代から読んでいる」44.4% 読む理由は「世の中の動きを知るため」(22ページ)
[DATA]電子版の読まれ方、紙の新聞の読まれ方(23ページ)
電子版と紙の新聞、補完し合うメディア特性(24ページ)
記憶に残る新聞広告、商品の購買を後押し(25ページ)
[DATA]読者の興味・関心に応える新聞広告(26~27ページ)
[DATA]地域の息づかい、企業の思いが伝わる新聞広告(28~29ページ)
[消費増税]暮らしの情報に敏感な新聞読者、消費増税にもしっかり対応(30ページ)
【[調査データ]メディア編】
企業サイトをチェックする人は、実は新聞を読んでいる(32ページ)
新聞とネットが「ベースメディア」の人はネットショッピングに積極的?(33ページ)
[DATA]メディア別接触頻度(34~35ページ)
[DATA]メディア別1日あたりの接触時間(36~37ページ)
[DATA]メディア別広告接触態度(38~39ページ)
[DATA]各メディアの印象・評価(40ページ)
[DATA]各広告メディアの印象・評価(41ページ)
[DATA]インターネットの使い方は多様化
  ―ブログ・SNSで知ったニュースの確認先は「新聞記事」35.0%―
(42ページ)
【[調査データ]メディア編】
情報循環時代の新聞の役割(慶應義塾大学商学部教授・清水聰)(43ページ)

〇速報版

2011年全国メディア接触・評価調査

調査期間: 2011年11月23日(水)~12月18日(日)
サンプル数: 7,000
有効回収数(率): 4,092(58.5%)

新聞は究極のキュレーションメディア

2011年全国メディア接触・評価調査のポイントをまとめました。
以下のインデックスから各ページをご覧いただけます。


はじめに

新聞はたくさんの人に「信頼できて役に立つ」と考えられている

新聞はたくさんの人に「信頼できて役に立つ」と考えられている

新聞とネットを組み合わせて活用している人は、情報感度が高い

新聞を適度に活用する情報発信者が増加中

新聞は複数のメディアを横断する人の「確認ツール」でもある

新聞は信頼性のある“究極の”キュレーションメディア

トピック① 震災を経て広がる、新聞の再評価

トピック② 小学校の授業で新聞の活用がスタート

たくさんの人が新聞広告に日常的に触れている

安心してじっくりと見られる新聞広告

新聞広告には記憶に残る「接触深度」がある

新聞広告は興味・関心のある人にしっかり届く

“市場の主役”40歳代以上に響く新聞広告

企業やブランドの「志」を伝えるなら新聞広告

新聞広告はターゲットに語りかけ、共感を呼べるメディア

キュレーションメディアとしての信頼が、広告メディア間の相乗効果を生む

トピック③ 70歳代は好奇心旺盛で消費意欲も高い

トピック③ 新聞広告をよく見る70歳代にうったえかけるポイントとは?

キュレーションのカギは「共感」と「感動」 清水聰・慶應義塾大学商学部教授(1)

キュレーションのカギは「共感」と「感動」 清水聰・慶應義塾大学商学部教授(2)

※拡大後、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選択すると図の画像データを保存できます。

2009年全国メディア接触・評価調査

調査期間: 2009年10月8日(木)〜11月1日(日)
サンプル数: 6,000
有効回収数(率): 3,683(61.4%)

ダイジェスト版

新聞、新聞広告の特徴を9つのテーマでまとめました。
各画面からPDFのダウンロードも可能ですので、企画書、プレゼン資料等にご活用ください。

・新聞がベースメディアの人は環境・社会意識が高い—ベースメディアと新聞
・情報共有を促す新聞
・新聞に接触する人の割合は91.3%
・新聞は社会メディア
・新聞広告は「信頼できる」「役に立つ」
・企業の情報(または取り組み)が伝わる新聞
・官庁・自治体の情報が伝わる新聞
・新聞は「地元のことがよくわかる」
・新聞広告と折り込み広告は「卓上のクロスメディア」


(2009年全国メディア接触・評価調査より)

ダイジェスト版をみる(要FlashPlayer)

2007年全国メディア接触・評価調査

調査期間: 2007年10月4日(木)〜10月28日(日)
サンプル数: 6,000
有効回収数(率): 3,620(60.3%)

2005年全国メディア接触・評価調査

調査期間: 2005年10月6日(木)〜30日(日)
サンプル数: 6,000
有効回収数(率): 3,443(57.4%)

2003年全国メディア接触・評価調査

調査期間: 2003年10月4日(土)〜26日(日)
サンプル数: 6,000
有効回収数(率): 3,873(64.6%)

2001年全国メディア接触・評価調査

調査期間: 2001年10月6日(土)〜28日(日)
サンプル数: 6,000
有効回収数(率): 3,843(64.1%)